‘3年生’ カテゴリーのアーカイブ

日本経済新聞岡山支局長によるNIE授業「日経新聞の読み方」

2019年7月3日 水曜日

6月26日(水)、3年1組の「現代社会」の授業で、日本経済新聞岡山支局長・田村雅弘先生による「日経新聞の読み方」という講義が行われました。この授業はNIE(教育に新聞を)活動の一環として行われたものです。クラス全員に当日の日経新聞が配布され、新聞をめくりながら授業が展開されました。「数字は説得力」「需要と供給の法則」といったキーワードで作り手の視点で語られる新聞の世界は新鮮でした。生徒から「一面広告を出す場合の費用はどれくらいですか」といった質問が出るなど大いに新聞への関心を喚起される授業でした。先生方も多数参観され、日経新聞の読み方についての学びを共有しました。

3年生、進路ガイダンスを行いました。

2019年5月24日 金曜日

5月22日(水)の中間考査後、3年生対象の進路ガイダンスを行いました。

最初に、「お笑い芸人に学ぶ!豊かな人間関係を築くためのコミュニケーション術」という演題で放送作家・漫才作家で有名な村瀬 健先生を講師にお招きし、全体講演会を行いました。先生の講演は①相手の目を見ながら話す②相手の話にうなづく③友達の悩み相談を真剣に聞いてあげる等々、コミュニケーション術のエッセンスについての話があり、多くのことを学べました。

 

その後、進学予定者は1人2講座を進学先ごとに別れて分野・学校ごとに説明を受けました。

また、就職予定者は同窓会館の講義室で先生方から、今後の就職活動についての説明を受けました。

今回のガイダンスを今後の進路に役立てて欲しい。

 

 

「課題研究」が始まりました。

2019年4月19日 金曜日

「課題研究」とは、3年生が自分の特性・興味や進路希望などに合わせて研究テーマを設定し、少人数で学習したり、フィールドワークを行い、卒業前には各研究グループ合同で学習成果の発表をするものです。

今年度は、その研究テーマに岡山の良さを研究する『観光ビジネス』や中国の文化を研究する『中国理解』の講座を新設しました。

この研究の成果として、商業に関する専門的な知識と技術を深め,自ら課題を発見して解決するたくましい力を身につけてほしいと願っています。

明日からセンター試験に挑戦

2019年1月18日 金曜日

19日(土)から始まる大学入試センター試験に向けて激励会が行われ、下見に出陣しました。
これまでは仲間と切磋琢磨し団体戦でしたが、明日は個人戦。
実力を存分に発揮して欲しいと応援メッセージが校内のホワイトボードに出現しました。がんばろう東商生!

面接講演会!進路実現に向けて!

2018年7月19日 木曜日

7月17日(火)1校時に、講師として劇団ザ・ドクターイエロー主宰兼放送芸術学院専門学校講師の竹下しんいち先生をお招きし、3年生を対象に面接講演会を行いました。

「3代目J Soul Brothersのメンバーがスタジオに入るとき、素晴らしいあいさつをすることで、再び、一緒に仕事をしたいと思ってもらえる」ことを例に、『あいさつ・礼儀・マナーの大切さ』を力説されました。

 

卒業生の記念に、体育大会!

2018年2月6日 火曜日

2月5日(月)午後、3年生は卒業体育大会を行いました。 天候にも恵まれ、グラウンドでサッカー、テニスコートでソフトテニス、武道場で卓球、体育館でバレーボールとバスケットボールを行い、卒業前に、お互いの友情を深め、楽しい思い出となりました。

社会に出る前に消費者トラブル対処法を学ぶ!

2018年1月18日 木曜日

1月18日の5校時に、3年生対象に消費者教育を行いました。「賢い消費者になるために」という演題で、弁護士の髙崎和美先生を招き、講演会を行いました。

特に、消費者生活センターへ寄せられる相談事例を通してクレジットカード使用のメリット・デメリットやマルチ商法への注意点など、社会に出る前に、大切な「消費者力(トラブルの未然防止対処法)」をご指導いただきました。

卒業前に「いのちの大切さ」を学ぶ!

2017年11月29日 水曜日

11月28日(火)6校時に体育館で3年生対象に「いのちのバトン」という演題で性教育講演会を行いました。

いのちの大切さや性に対しての正しい知識について学びました。講師から『いのちの誕生は、自分で決めて自分で覚悟して生きるために生まれてくる。せっかく生んでくれた「いのち」を大切にしよう。』と訴えられ、私達はいのちの大切さを痛感しました。

 

シリーズ「課題研究3」(プログラム演習)

2017年6月30日 金曜日

シリーズ3回として、課題研究(毎週木曜日5・6校時目)のプログラム演習の様子をお伝えします。
このプログラム演習を研究しているのは、15名で、将来はプログラマを目指しています。
そのため、より実践的に研究を進めるためJAVAやCという言語を用いてスマートフォンやタブレット端末用のソフトウェアを開発しています。
何を開発しているかは・・・・、企業秘密です。

KDDI引地先生による「スマホを用いた防災教育」授業

2017年6月27日 火曜日

6月23日(木)3校時、3年1組の現代社会の授業でKDDIコーポレート統括本部の引地みち子CSR・環境推進室マネージャーを講師に「スマホを用いた防災教育」というテーマで授業が行われました。班に分かれてスマホで情報収集しながら課題を達成していくなかで、班のメンバーとのコミュニケーションも円滑になっていきました。