‘進路課’ カテゴリーのアーカイブ

3年生が志望理由書講演会をオンデマンドで受けました!

2020年6月16日 火曜日

 6月16日(火)のLHRで、3年生が志望理由書講演会をipadによりオンデマンドで受講しながら、志望理由書の作成方法を勉強しました。

 講演を視聴した生徒は「自分の進路が差し迫っていると感じ、第1志望に合格するために良い志望理由書を書きたい」と話していました。

国公立難関私大進学希望者・保護者説明会!

2020年2月4日 火曜日

 2月3日(月)17:30から2年生対象の国公立難関私大進学希望者・保護者説明会を同窓会館で行いました。

 最初に、学校長から「ここに集まる進学希望者は安きに流されないで、自分の将来のために、今からスタートし国公立難関私大学に多く行ってもらいたい」との挨拶がありました。

次に、進路指導課長から保護者や生徒に対し、今すぐ始めること、具体的な対策及び来年度の変更点などを詳しく説明されました。

いよいよ進路実現に向けての第一歩が始まります。高い志をもって、チャレンジする心をもち続けて下さい。

2年生 進路説明会を行いました!

2020年1月29日 水曜日

1月28日(火)6校時に、体育館で2年生対象に進路説明会を行いました。

進学希望者に対しては「①資格取得のこと②評定平均値のこと③オープンキャンパスのこと」の3点について話がありました。

就職希望者に対しては「①協調性のある人②コミュニケーション能力が高い人③しっかり基本的生活習慣が身についている人④積極性・自主性のある人⑤責任感がある人⑥本気で頑張った人⑦人より先に挨拶ができ主体性のある人」の7点について話がありました。

全員に対して普段の生活が大切であり、授業や部活にしっかり取り組むよう話がありました。

これからが2年生にとって1番大事な時期です。

自分の進路実現に向け、しっかり頑張ってください!!

プロから学ぶ その2(2年生対象進路講演会)

2019年2月8日 金曜日

2月5日(火)5校時、体育館で先週に引き続き2年生対象に「相手の心をつかむ」という演題で進路講演会を行い、今週はKSB瀬戸内海放送の信長ゆかり氏が来校されました。

講演の中でつぎの3つのポイントで入社試験で実際に活用した自己PRメソッドを披露されました。

①下準備が9割  ②自分を常に客観視する  ③相手に悟らせる

「自分が何を伝えたいかよりも相手がどう受け取ったか」を大切にすることが重要と締めくくりました。

明日からセンター試験に挑戦

2019年1月18日 金曜日

19日(土)から始まる大学入試センター試験に向けて激励会が行われ、下見に出陣しました。
これまでは仲間と切磋琢磨し団体戦でしたが、明日は個人戦。
実力を存分に発揮して欲しいと応援メッセージが校内のホワイトボードに出現しました。がんばろう東商生!

2年生面接練習始まる

2017年3月16日 木曜日

3月14日(水)より進路課主催で2年生の面接練習を始めました。

面接練習では、面接時の一連の動作を生徒同士で良かった点と改善すべき点をお互いで確認し、先生が指導を入れています。

生徒間でお互いに活発に意見が飛び交い、とても実りの多い面接練習となっています。

東商では、毎年この時期より面接練習を始め、生徒の意識を高めています。

 

香川大学経済学部説明会

2017年3月9日 木曜日

3月6日(月)、同窓会館3階会議室で、香川大学経済学部説明会を開催し、2年生15名、1年生6名が参加しました。

最初に古川教授より大学紹介があり、続いて大学生による、直島地域活性化プロジェクト、Bonsai Girlsプロジェクト、,小豆島SAKATEプロジェクト、さかいで紗弥島プロジェクトの紹介がありました。最後は、4グループに分かれて、大学生との交流会が行われました。

倉敷ロイヤルアートホテル×岡山東商業・倉敷商業~コラボレーション企画「蔵と名画」~

2016年10月4日 火曜日

倉敷ロイヤルアートホテルのレストラン「八間蔵」では、毎年、芸術の秋に、大原美術館の絵画をモチーフにしたお料理を創作し、「蔵と名画」というコース料理を提供しています。この「蔵と名画」のランチコースのメニューについて、岡山東商業高校と倉敷商業高校の生徒が参加する、お料理アイデアコンテストが行われました。

キャリア教育の一環として、地域企業と共同で商品開発を行おうと始まったこの企画は、今年で4年目になります。今年度は、岡山東商業高校1年生 仲前望愛さんが優秀賞を受賞しました。仲前さんの描いたアイデアスケッチ「洋なしのレアチーズ」は、倉敷ロイヤルアートホテルの料理長、川渕浩章氏により実際に調理され、レストラン「八間蔵」にて振舞われます。

1 2

 

 

 

 

 

 

 

優秀賞を受賞した仲前望愛さん。モネの「積みわら」をもとに「洋梨のレアチーズ」を考案しました。

今年4月から5月にかけて美術の授業で大原美術館の絵画を鑑賞し、生徒は興味を持った絵画作品2点を選んで、その作品からイメージを膨らませオリジナルのお料理を考え、アイデアスケッチを描きました。岡山東商業高校・倉敷商業高校の2校合わせて280点の応募作品の中から、一次審査により50作品に絞られ、さらに二次審査により5作品に絞り込まれました。

9月22日に行われた最終審査では、この5作品のスケッチをもとに、倉敷ロイヤルアートホテルの料理長、川渕氏により実際に調理されました。5名の生徒は自分の考えたお料理のプレゼンテーションを行い、審査員による試食を含めた厳正な審査により、最優秀賞1点、優秀賞2点が選出されました。

3

 

 

 

 

 

最終審査会場の様子

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プレゼンテーション

5

 

 

 

 

 

 

表彰式

「蔵と名画」ランチコースの販売は、平成28年10月12日~12月5日です。メニューの内容や販売時間など詳しくは倉敷ロイヤルアートホテルのホームページをご覧ください。